top of page
検索
  • ht-kurib

「楉(すはえ)」二十五周年記念アンソロジー



 大輪靖宏さんが米寿を迎えられた。お祝いの会の写真を添えられた楉(すはえ)句会(前身は「上智句会」)の二十五周年記念句集を戴いた。根来久美子さんのあとがきが良い。良き師の元に良き門下生が集まっている。

 句集を開いて一読した。こころ優しい句が並んでいる。まさにこの師のもとにこの弟子たちが集まった、との感を深めた。一人一句に絞って、こころ惹かれた句を挙げ、お礼に替えよう。


  湯に浸る手足に今日の花疲れ     大輪靖宏

  少年の口紅著し初電車       根来久美子

  来とるばい土手に菜の花忘れずに   川南 隆

  ぬんめりと鯉の裸身や冬隣      歌代美遥

  山の家の洗はれてゆく驟雨かな    藤井綏子

  冬めくや湯守揉み込む木の香り  吉迫まありい

  京に来て鱧は嫌ひと言ふ男      柳堀悦子

  のどけしや向ひ合せに花御膳     伊藤 眠

  去来忌やここにも一人翁の客     染谷獄雨

  パナマ帽粋に脱ぎ持つ老紳士     平澤東山

  夏の月少女は鯨と旅に出る     蠟山葉流美

  いにしへのことばのやうに鹿の声   仲 栄司

  枕辺にもう立たぬ父彼岸花      向瀬美音

  秋の薔薇ミドルネームを持つ従妹  山本ふぢな

  再会の日傘うなづくいくたびも    井上泰至

  天高し舟にて潜る大鳥居       喜多真王

  乾鮭の眼の何も見てをらず     長谷川槙子

  鈴蘭や明日は明るき日とならむ    八嶋郷子

  水仙の事故物件に咲き残る      峯尾文世

  セーターが祈る姿にたたまれて    栗原和子

  生涯の友に出会ふ日入学式      高原沙織

  朝寒やほどよき湯気の茶を供ふ   岸本こずえ

  男親にあや取りの糸短くて      成瀬靖子

  花吹雪ただそこにゐる不確かさ   藻井友紀子

  父の日の父ら用事のあるごとく    松尾 哲

  白梅散る下おきな在りおうな在り   西苑実生

  はじまりはいつも小さき登山口   今尾江美子

  葡萄食い葡萄のかたちを変えてゆく  諸星千綾

  

 有難う御座いました。大輪先生はじめ皆様のご健吟を願っております。


閲覧数:87回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2 Post
bottom of page