検索
  • ht-kurib

三輪初子句集『檸檬のかたち』



 句集のうしろの略歴を見て驚いた。小生と同郷であった。私より三才年下だから、小中高校のいずれかが一緒だったかもしれない。このことは句の鑑賞に関係のないことながら、どうしても共時性を求めながら読んでしまう。

 氏は30年以上の句歴を持っている。「童子」「みすゞ」「や」から石寒太主宰の「炎環」に1996年に入り、のち同人。2016年には「わわわ」の創刊同人。その第四句集である。朔出版、2022年7月15日発行。


自選12句は次の通り。


  渋滞の師走の車よりイマジン

  ゐるはずのなき母の声のこゑ花筵

  戦争の終はらぬ星の星まつり

  原爆忌玉子かけごはんきらきらす

  生き方とみかんの剥き方変へられず

  水旨き国に生まれて墓洗ふ

  切る前の檸檬のかたち愛しめり

  月の道すれ違ふとき悪女めく

  もうすこし人間のまま月のまま

  チューリップ秘密のいつも漏れてゐし 

  か行よりさ行やさしきさくらんぼ

  首振らず頷いてみよ扇風機


 小生の感銘句は次の通り。(*)印は自選句と重なったもの。


008 春はあけぼのターナーの海眩し

010 受話器置く後の沈黙ヒヤシンス

027 訪へば雛の部屋に通されし

043 戦なき海へ鯨を見にゆかむ

050 狐鳴く夜は風呂の湯熱くせよ

068 東京の空は三角桜桃忌

075 乾くまで人魚めきたり洗ひ髪

075 口出づる言葉戻らず百日紅

077 鰻喰ふいまが晩年かもしれぬ

085 どぜう喰ひ人間丸くなる夜長

096 つぎの世もにんげんであれ蒲団干す

104 獅子舞の口のなかより女ごゑ

105 湯上りの息うつくしき榾の宿

108 再会の柩の窓や冴返る

127 切る前の檸檬のかたち愛しめり(*)

130 優先席のをんな紅濃し文化の日

138 揚げる前すこしながめてふきのたう

143 オフェリアをお乗せたまへよ花筏

152 か行よりさ行やさしきさくらんぼ(*)

161 雄と雌分けて干さるる柳葉魚かな

169 老ゆること初体験よ春の服

176 明日食す浅蜊の水を取り替へし

181 冷蔵庫開けたるところ猫見たり

181 Tシャツの模様のおなじ知らぬひと


 いずれも平明で納得の行く句ばかりである。粒ぞろいが並んでいるので、選ぶのに苦労する。同郷であることからより納得性を感じる句は、たとえば


161 雄と雌分けて干さるる柳葉魚かな

であろう。地元ではもうとれなくなったが、日高の鵡川あたりが残っている。子持ちの雌の腹が膨らんでいるのが特に美味である。


 楽しませて戴きました。多謝。

閲覧数:0回0件のコメント