top of page
検索
  • ht-kurib

中岡毅雄句集『伴侶』



 中岡さんは波多野爽波主宰の「青」を経て、「藍生」(黒田杏子主宰)、「椰子」(友岡子郷代表)に入り、平成三十年、「いぶき」創刊。今井豊氏と共同代表となる。俳人協会新人賞、山本健吉文学賞、俳人協会評論賞などを受けられた。論・作双方に定評ある俳人である。

 今回の『伴侶』は、2023年8月7日、朔出版発行の第五句集である。

 帯には水原紫苑氏が『晩婚といふ寧けさよ虫時雨』を掲げ、「伴侶という題名に相応しい、他者の全き受容の美しさを想う。この宇宙に、亡き母に、そして共に生きる妻に、衒いなく心を開いてゆく姿勢は、優しく静かな緊張感に満ちている。まさに今世紀の詩歌である」と寿いでいる。


 自選句は次の十句。


  崩れかかりし芍薬に蝶の影

  水葬のごとく芒にしづみゆき

  ゆふべまで臥してゆふべの鳰のこゑ

  抱へきれぬほどの冬薔薇贈りたし

  うつしみのこの世の花を見尽くさず

  水引草いまはの際にこゑのなし

  てのひらにすくへば落葉あたたかし

  ゆふぞらにまた綿虫を見失ふ

  すきとほるやうなにほひの雪兎

  吾の眼に映れる汝やねこじやらし


 小生の好きな句は次の通り、多きに達した。


009 風車夭折の歳はや過ぎし

010 すみずみまで妻のぬくもり春の月

011 鵯のこゑのつらぬく朝寝かな

015 相譲らざる芍薬の二輪かな

018 さくらんぼ褒めてもらひしことは稀

019 子燕のまだひらかざるまなこかな

025 水葬のごとく芒にしづみゆき(*)

027 生涯を秋の草摘むこのひとと

029 実南天まぶしく職に棄てられし

039 山茱萸の眩しさ妻に逢ひにゆく

040 紫木蓮自死をおもひし頃のこと

044 花水木ひかりのなかに癒えてゆき

049 指で挟みし草笛のやはらかく

051 水澄んでもつともゆりの木が高し

055 ねこじやらし溢れむばかり妻癒ゆる

061 抱へきれぬほどの冬薔薇贈りたし(*)

067 指先を濡らさず雛流しけり

074 月見草母を詠まねば何詠まむ

084 とまりたる草の揺れざる糸蜻蛉

112 一本のすすきを活くる真顔かな

116 枇杷の花亡きひとの恩そのままに

118 残生のなほもまぶしき龍の玉

136 書き出しに手間取つてをる落花かな

140 夕星のしばらくひとつ余り苗

150 朝顔の紺にふれつつ生きたしや


 この句集、あくまでも物静かな、身の回りの事象の、あるいは作者自身の境遇から生まれた、優しい心の句集である。


 中から、個人的な思い出も加えながら、幾つか鑑賞しよう。


009 風車夭折の歳はや過ぎし

040 紫木蓮自死をおもひし頃のこと

 病がちな半生であったようだ。常に「死」を想いながら生きることは、能天気に生きる凡人とは、心の持ちようが違ってくるはずである。多分、いつも透徹した眼差しでモノを見てきたに違いない。その姿勢が全句に現れている。


010 すみずみまで妻のぬくもり春の月

027 生涯を秋の草摘むこのひとと

039 山茱萸の眩しさ妻に逢ひにゆく

055 ねこじやらし溢れむばかり妻癒ゆる

061 抱へきれぬほどの冬薔薇贈りたし(*)

 妻賛歌の句がならぶ。帯の句からして、晩婚であったらしい。それだけに、はじめて見出した安寧なくらしの、一日一日が、愛おしいに違いない。いや、はっきりそう詠っている。読者の一人として、こころから祝意を表したい。


116 枇杷の花亡きひとの恩そのままに

 何故かこの句を読んで、友岡子郷さんを思い出した。子郷さんのお住まいの最寄りの駅で落ち合って、昼食をとりながら、取材させて戴いた。その駅のそばに枇杷の木があったこともあって、子郷さんの〈死に泪せしほど枇杷の花の数〉が忘れられない。「いやあ、亡くなった方々を思い出すんですよ……」と静かに仰っていた。


118 残生のなほもまぶしき龍の玉

 この句からは、村越化石さんを思い出した。目が見えなくなってからも、幼いころの故郷を思い出しては詠っていた。たとえば〈生ひ立ちは誰も健やか龍の玉〉だった。掲句は、幼いころだけでなく、残生も「まぶしき龍の玉」だと言っている。羨ましいではないか。


140 夕星のしばらくひとつ余り苗

 一番星が出てからも暫くは明るい。田圃の端にぽつんと余り苗が一束おかれてあった。それに作者は気が付き、何かを思ったのであろう。寓話が書けそう。俳句は象徴詩でもある、ということをつい思ってしまう。表面的に叙景しただけでなく、奥行きの深さを思わせる句である。

閲覧数:111回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2 Post
bottom of page