検索
  • ht-kurib

久下晴美句集『単眼鏡』






 久下(くげ)さんは俳句歴20年の方。埼玉県現代俳句大賞や埼玉文学賞を貰っていて、「紫」(山﨑十生主宰)の重鎮である。この『単眼鏡』は令和四年五月六日、現代俳句協会発行による氏の第一句集である。序文は山﨑十生主宰。下記の〈017 遮断機のゆつくり上がる春の雨〉は俳句を始めてすぐの作品とのことで、俳句センスの宜しさを感じさせる。


 小生の共感した作品は次の通り。


017 遮断機のゆつくり上がる春の雨

019 子離れをして秋郊の美術館

023 夏の夜や青き炎の角砂糖

024 玉葱の吊るされてゐる駐在所

031 筍を掘る二の腕の白さかな

040 細胞のひとつひとつに滝飛沫

044 ままごとはひとり二役桃の花

047 新緑にゐて海底にゐる記憶

064 春の夜のわたしにルビを振つておく

074 天高しでつかい嘘をついてやる

080 紫陽花をどつさり活けて大丈夫

088 帆船のふと現れる芒原

098 囀や化粧ポーチの膨らんで

104 嘘ついたときの不自由桜しべ

113 空腹のすがすがしさよ露の玉

113 猫撫でてやる台風の来ぬうちに

119 大丈夫と云へないときに金魚飼ふ

126 虚と実がちりめんじやこに混じりたる

130 からだごと曲るカーブや青芒

138 何番の札所だつたか一輪草

143 したたかに踵はありぬ霜柱

145 藤の花くぐる眴せなんぞして

155 黙禱の一分間を蝉時雨


 幾つかを鑑賞してみる。


023 夏の夜や青き炎の角砂糖

 俳句センスの宜しさは冒頭に述べたが、この句にも感銘した。角砂糖をブランディでしめらせておいて火を点けると怪しげに美しい青い炎が立つ。紅茶に入れるのだろう。コニャックがいいとか、アルコールの飛ばし方が微妙とか……。上等な空間での非日常的な時間を想像させる。


074 天高しでつかい嘘をついてやる

 山﨑主宰の序文では。久下さんの俳句の特徴を「情景描写を通しての人間の内奥に迫る」「すまし顔で大胆なことを」「空気投げのようなテクニック」などと評しているが、まさにこの句は「すまし顔で大胆」である。女性の作品だろうかと一瞬疑う。しかし、すぐに〈098 囀や化粧ポーチの膨らんで〉があって、安心する。実にダイナミックな詠み方をされる方である。


104 嘘ついたときの不自由桜しべ

 「嘘」は骨が折れる。どんな「嘘」をついたのかを覚えておかねばならないから、ほんとうに不自由だ。この気分に「桜しべ」を配合した。つきもせず、離れもしない、この微妙な距離感。言葉ではなかなか説明できないが、うまい!


 楽しい句集をありがとう御座いました。

閲覧数:85回0件のコメント

最新記事

すべて表示