top of page
検索
  • ht-kurib

井出野浩貴句集『孤島』




 井出野氏は「知音」(行方克巳・西村和子共同代表)の同人で、二〇一五年には俳人協会新人賞を受けている実力者である。『孤島』は『驢馬つれて』につぐ第二句集で、二〇二三年五月一日、朔出版発行。

 帯には〈虫の夜の孤島めきたる机かな〉と、西村和子代表の「宇宙的空想から共に生きる者たちへの共感まで幅広い世界へ読み手をいざなう。鋭敏な五感で生活者の実感をこまやかに詠じた作品は寡黙だが季語が多くを語っている」との言葉がある。


 自選句は次の十二句。


  つばめ来る東京いまだ普請中

  春燈や微恙の床に唐詩選

  花の影とどめて水のとどまらず

  くるぶしにかひなに茅花流しかな

  祭鱧逢ふときいつも雨もよひ

  草笛の鳴るも鳴らぬも捨てらるる

  太陽系第三惑星星祭

  ルビを振ることに始まる夜学かな

  また来てと母に言はれて秋の暮

  小春日の龍太の留守を訪ひにけり

  あのころは実学蔑し冬木立

  湯豆腐や父逝き母逝き戦後逝き


 小生の感銘句は実に多かった。近来稀な多さである。よほど好みが近いのだろう。ただし、自選句と余り重ならなかったのが、気になる。


008 朧夜やことば知らざる頃の夢

009 巡回の靴音止まる大試験

017 旅人に遊女の越の虫時雨

030 坂道は手を振るところ春夕焼

031 菜の花や灯りそめたる沖の船

031 幕間の一盞に酔ひ春の宵

032 さへづりのつひに姿を見せぬまま

033 桜散る水面は夜空より暗く

035 風鈴のまだよそゆきの音なりけり

036 草笛の鳴るも鳴らぬも捨てらるる(*)

038 留守番といふも昼寝をしたるのみ

040 いづこからともなく灯り川床料理

044 富士見中のジャージ着せられて案山子

047 数へ日や母より埒もなき電話

054 母訪うて桜餅食ふだけのこと

058 銭湯の故障のままの扇風機

059 ビニールプール干して無認可保育園

065 ちちははは二階使はず虫時雨

067 じつとしてをれば寄りくる雪螢

073 初富士や橋を渡れば旅ごころ

073 入魂の一句採られず初句会

077 いもうともいつかふくよか桃の花

082 母の気の済むまで墓を洗ひけり

087 食ひながらゆけと林檎を投げらるる

091 父もまた父厭ひけむ根深汁

095 教へ子の幸不幸透く賀状かな

095 よべの雪舫ひ綱にも積りをり

097 春寒し人の誤字にはすぐ気づき

097 春雪やふたりの記憶くひちがふ

102 ややありてくちびる離し祭笛

107 義経に鎌倉遠し葛の花

108 諍ひならむ夜学子のタガログ語

110 父親はどこか投げやり七五三

118 甘味屋に男がひとり風生忌

119 花ミモザ雨をふふみてなほ濡れず

122 空飛べぬ鳥にも翼五月来る

126 陸の灯の遠ざかりゆくビールかな

130 死にきれぬものに蟻はや群がりぬ

131 女湯の声聞こえくる木槿かな

148 白椿母に告げざる訃のひとつ

151 コメディアン逝きて花冷ことのほか

157 昼顔や保健室では多弁とか

162 虫の夜の孤島めきたる机かな

164 曖昧な色をゆるさず冬薔薇

176 介護にも忙中の閑桜草

179 拭へども拭へども汗喪主なれば

180 立葵来るたび空家めきにけり


 幾つかを鑑賞してみたい。


031 菜の花や灯りそめたる沖の船

 端正な叙景句。手前に菜の花の野があって、やや暮れかかってきた。沖では大型旅客船の灯がともり始めた。遠いものと近いものの明るさの微妙な差異が見えてくる。


035 風鈴のまだよそゆきの音なりけり

180 立葵来るたび空家めきにけり

 風鈴市から買って来たばかりなのであろう。吊るして音を聴いたが、その音はまだ何となく部屋に馴染まない。やがて馴染むのであろうが、新しいものに対する感覚的な感受が微妙に描かれている。

 「空き家めきにけり」の句も感覚的な句。たまたま「立葵」は元気に咲いているのだが、それだけに、建物の方はこの間来た時よりも何となく古びた感じ。分かるような気がする。


036 草笛の鳴るも鳴らぬも捨てらるる(*)

065 ちちははは二階使はず虫時雨

 こう言われるとその通り。リフレインでリズムも決まった。どちらにしても「草笛」は捨てられるのだという宿命を、たんたんと描いた。気づきがいい。

 「ちちはは」の句も、その通りだなあと思わせてくれる。


038 留守番といふも昼寝をしたるのみ

054 母訪うて桜餅食ふだけのこと

 軽い句。しかもこういうことってあるよね、と同意してしまう。この種の作品がこの句集『孤島』に多い。『孤島』というと何か重く淋しい感じがあるが、そうではない。たんたんと詠まれた句が多い。

 「母訪うて」の句にしても同じ。たんたんと書いていながら、情感が滲み出てくる。


044 富士見中のジャージ着せられて案山子

 「富士見中学」のマークが入ったジャージ。リアリティがある。


095 教へ子の幸不幸透く賀状かな

108 諍ひならむ夜学子のタガログ語

157 昼顔や保健室では多弁とか

 これらの句は、自選句の〈ルビを振ることに始まる夜学かな〉を含めて、著者の職場経験から生まれたのであろうか。「幸不幸透く」は切ない。


102 ややありてくちびる離し祭笛

 よく見て写生した感じ。


 感銘句の多い句集にひさびさ巡り合った。多謝です。


閲覧数:132回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


記事: Blog2 Post
bottom of page