検索
  • ht-kurib

俳句スクエア 二〇二一年同人年鑑






 俳句集団が「年鑑」を出すのは珍しい。「俳句スクエア」(代表は五島高資、副代表は石母田星人、編集長は朝吹英和の各氏)の二〇二一年版が発行された。メンバー二十八名の作品各十一句が発表されているので読ませて戴いた。一年の作からの選ばれた、それぞれ思いの籠った各十一句だったであろう。

 メンバーの略歴も付されており、多士済々とお見受けした。


 僭越ですが、小生の共鳴した作品を各一句ずつ抽かせて戴きます。


009 乗り降りもなくドア閉まるレノンの忌    五島高資

010 バンクシーひとつ残して帰燕かな     石母田星人

011 家系図にありし黒塗り枯木星        朝吹英和

012 近づけば益々燃える躑躅かな        服部一彦

013 マリオネットのやうに仔馬立ちあがり    松本龍子

014 老木の語りつくせぬ木下闇         加藤直克

015 ポインセチア並びに自動検温器       十河 智

016 ながらへてなほ寒林になりすます     眞矢ひろみ

017 それぞれの皮膚は一枚原爆忌        大津留直

018 マドンナと云はれ此の方月見草      干野風来子

019 白椿十万世界寂びにけり          松尾紘子

020 旧年に脱いだブーツがもたれ合う     生田亜々子

021 昭和時代などと括りし昭和の日       珠  雪

022 ひいな仕舞う箱に小さき母の文字      於保淳子

023 蝋石の線路果てなき遅日かな       和久井幹雄

024 街中の桜が放つ周波数           児玉硝子

025 靑墨に罅あり夏の高野切          阪野基道

026 言語野の犯されてゆく花吹雪        平林佳子

027 持ち物の分からなくなる初仕事       眞島裕樹

028 こぼれ落ち映えるミモザの二月尽     大久保俊克

029 空蝉の数だけ地球穴だらけ         野島正則

030 花馬酔木お洒落な犬が降ろされて      石川順一

031 掃き清め真砂に映える落椿         石田桃江

032 水鳥も距離を保ちてしづかなる       毬  月

033 ハンカチに夫の秘密の匂ひあり       歌代美遥

034 ヒーローになり切つてゐるマスクかな    菊池宇鷹

035 箸置きをそっと置く手や梅の花       中川洋子

036 さくらさくら小犬まあるく眠りけり    今井みさを


 有難う御座いました。貴会のご発展を願っております。

20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示