検索
  • ht-kurib

俳諧旅団『GETSUMEI』2022年版




 中内亮玄さんが編集・発行する『月鳴』の第三号である(2022年2月22日発行)。俳句に係わる紀行文や作品が掲載されている。会員は地元福井の方々が多いが、それ以外にも、関東やハワイ在住の方もおられる。

 会員作品を読ませて戴いたので、感謝を込めて、おひとり一句に絞って、好きな句を抽出させて戴きました。失礼をお許しください。


009 まばたきの刹那に雪の鼻濁音    中内 亮玄

021 夏の月ふいに重なり合う刃物    ナカムラ薫

026 石鹸の匂ひも異国洗ひ髪      猪狩 鳳保

033 名月やグラスのルージュぬぐう指  山田 冨裕

036 海の栓でも抜いたか海猫の騒ぎは  植田 郁一

042 謳られた記憶は不意に春みかん   林  和清

068 島人も鳥も早寝の隠岐は春     塩谷美津子

072 たましいの散りゆくさまや花吹雪  高石まゆみ

078 紅指して妻春昼の回遊魚      佐藤日田路

083 同じ旅してきたように駅の蝶    小林 史於

093 新幹線の乗客となるラ・フランス  白﨑寿美子

102 元朝や何にも無くてありがたき   若林 園枝

105 娘の上着まとって堂の前通る    成井 惠子

106 探梅の誘いでしょうか封書の香   石田 秋桜

113 木犀の匂いを辿る獣道       松島 可奈

117 畳縁踏まぬ心得ほととぎす     村田 淑子

121 子が抱けば恐竜となる竹夫人    青木かよ子

126 ことごとく生乾きなる春の月    らふ亜沙弥

128 花の下十年前と同じ木の      瀧澤  静

130 祈る手に力を込める寒参り     金子 桃刀

140 笠立に杖も混じりて春を待つ    佐藤 節子

146 春昼の盛塩ばかり光りおり     早﨑大司郎

150 一回転枕を足に譲る春       光安  翠

162 天井のないはとバスや花の雲    平良 幸子

163 緑陰や一度したよな話して     石倉ひで子

164 除雪車に目覚めて今朝の嵩を知る  惣次美都子

165 桃の花咲いて鬼門の清め塩     中田 良一

166 早稲の花一粒づつの命かな     笠松 信子

166 雨蛙ぺたりと自動販売機     三ツ屋多佳子


 石寒太さんの「寒雷」時代の金子兜太さんにまつわる思い出話が載っており、面白かった。兜太さんが酒を断った以降のことはよく知っているのだが、寒太さんが、酒豪だった兜太の、呑むときの付き人的存在だったことを知った。兜太が泥酔型であったことを知った。「つづく」とあるので、次号も楽しみである。

 秋山孤哮さんの「日刊県民福井」掲載「俳まくら」も参考になりました。


 中内様、ご恵送戴き有難う御座いました。

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示