top of page
検索
  • ht-kurib

合同句集『あざみの』



 家裁の調停委員の集まりで「八千草」(山元志津香主宰)の中の句会でもある「あざみの」の会のアンソロジーである。12名が自選各63句を持ち寄った。世話役の横川はつこうさんから送って戴いたので、早速読ませて戴いた。

 みなさん熟達の俳人ばかりである。豊かな人生経験をベースに、来し方を懐かしく詠んだ句、海外旅行の非日常性を詠んだ句、人生訓にも通じる寓話的な句、うからへの溢れるような情を詠んだ句……いろいろ楽しませて戴いた。

 中から小生の好みに従って、各3句ずつ選ばせて戴いた。もっとたくさん戴きたかった感がある。


010 雛飾る嫗の一人遊びかな        上田彩子

020 縁側に無言の父子盆の月

025 熱燗や父の娘でありし頃

030 戰なき七十年や白泉忌         扇谷正紀

038 桟敷席涼呼ぶ白いワンピース

043 小三治のまくら聞きたし秋の夜半

051 底冷えの京の仏の微笑かな       柿沼正之

065 那須の秋熊が噂の足湯かな

069 ドクターストップ明けて蕎麦屋のお燗酒

077 岩田帶を授かる吾娘(あこ)に風光る   木下一子

082 客去りて鉢の金魚に語りかけ

086 松手入れ枝に倣いて夫傾ぐ

095 塩少し控えし今朝の雑煮椀       小暮 航

100 蓮根は穴が旨いと百閒忌

103 乳足りし孫のあくびや柿若葉

117 探梅や間道多き奥高尾        佐藤友技子

130 塩屋崎秋渺渺とひばりの碑

134 しぐるるや煉瓦倉庫の深き赤

138 鉄橋の音よく響く寒四郎        神宝 浩

140 野遊びへ子は恐竜を握りしめ

145 梅雨深し振れど動かぬ塩の瓶

162 雪だるま溶けてゾンビの顔二つ     高宗俊雄

174 起重機の並ぶ天守や鰯雲

177 預金箱振ればからから暮れの秋

188 北斎の生え際美人春の雨       近松ほうし

192 ヒト属は見飽きてゴリラ三尺寢  

197 秋想う京終(きょうばて)駅の「駅ピアノ」   

206 絵硝子の色やわらかに春兆す      宮本仁美

206 オルガンの止みし聖堂冴えかえる 

210 月日貝海にも宙(そら)のあるらしくき

226 美濃紙に朱金の文鎮筆始め       渡辺和子

228 賜物の光の中に蒲団干す

230 梅林に日は燦として山静か

248 噺家の鶏の声音(こわね)や年新た  横川はつこう

254 犬の棺囲みて家族花の雨

263 鳥渡る本郷菊坂かけはぎ屋


 有難う御座いました、横川様。

閲覧数:62回0件のコメント

最新記事

すべて表示
記事: Blog2 Post
bottom of page