検索
  • ht-kurib

和田順子句集『皆既月蝕』




 和田順子さん「繪硝子」主宰の第六句集である。句集『流砂』で第19回横浜俳話会大賞を貰っている。令和四年九月二十日、ふらんす堂発行。


 自選句は次の15句。


  いくそたびその名問はれて翁草

  石積の集落どこも枇杷熟れて

  ジーンズに脚入れて立ち夏は来ぬ

  炎天を歩む失ふものは無く

  炎昼の孤独たとへば深海魚

  サングラス卓に置かれて雲映す

  応へなきものへ語りぬ夜の秋

  牛冷やす牛より深く川に入り

  特攻を逃れし父の墓洗ふ

  草の香やごぼりと水のありどころ

  戻りたる椅子に秋冷来てゐたる

  皆が居るやうに蜜柑を盛りにけり

  開戦日マンホールの蓋ことと踏み

  初礼者大きザックで来たりけり

  小豆粥母は生涯京ことば


 小生の共感句は次の通り。(*)印は自選句と重なった。


012 牛冷やす牛より深く川に入り(*)

014 稲光鳥居の太さ見せにけり

020 門前に拡げ松茸売りをらず

027 ひとり降り国道駅の寒さかな

031 小豆粥母は生涯京ことば(*)

033 ありさうな所にありて犬ふぐり

035 うららかや鶴石鶴に見えてきて

052 ひとりとはとなりに居ない寒さかな

053 寒き夜を注いで二つの湯呑かな

056 ことばより先に出てをり蕗の薹

057 正五位を夫に賜りあたたかし

063 夏弾くる草間彌生の水玉に

080 行く春をひとりの音に慣れにけり

090 応へなきものへ語りぬ夜の秋(*)

091 子が集ひ盆提灯の白吊す

105 花曇音たてて置く鍵の束

135 海光の明るさに住み年迎ふ

162 どの草の花と分かたず戦ぎけり

163 戻りたる椅子に秋冷来てゐたる

164 稲光島が大きく見えにけり


 三百八句はすくない、とあとがきにあるが、小生の好みでは手ごろな数である。緊張を維持しながら読める数だと思うからだ。一頁二句立ても、一句一句ゆっくり読めて、好ましい。その一句一句が年季の入った作者の思いの欠片であると考えると、大切に寄り添って読もうと心がける。


012 牛冷やす牛より深く川に入り(*)

 もうあまり見かけなくなった景だが、「牛より深く」が良かった。よく見て写生している証拠である。私の俳句教室で、写生句の見本として示したい句である。虚子の愛弟子の島村元の言を思い出した。彼は「写生」を論じ、例えば、〈稲妻や夏草茂る廣野原〉は拙い句である。虚子先生なら

  稲妻や半ば刈られし草の原   虚子

と詠むであろう。稲妻と草の原の取り合わせは同じだが、「半ば刈られし」の措辞によって断然句が顕って来る。前の句(廣野原の句)の駄作と比較するまでもない、といった。この「半ばかられし」が「牛より深く」と同様みごとなのである。


031 小豆粥母は生涯京ことば(*)

 「京ことば」と言っただけで、作者のご母堂の姿が想像できそう。さらに京出身のご年配のご婦人の典型のような人物を連想し、鑑賞が広がる。「小豆粥」は御母堂の古くからの仕来たりで、作者にも懐かしいのであろう。上手い、と感心。


090 応へなきものへ語りぬ夜の秋(*)

 ご主人を亡くされた後の作品であろうと思い、感無量であった。その通りなのだが、「応へなきもの」は、ご主人に限らず、もっと広範囲の故人でもいいし、さらに、口をきけない小動物や山川草木でもいいのである。作者がこころ寄せている、あるいは、寄せていた、何かであれば良いのである。そのように広く受け取ると、素晴らしい一句だと感じ入った。好きな句です。


 有難う御座いました。



閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示