top of page
検索
  • ht-kurib

大木雪香 「深花」 創刊



 

 俳誌「深花(しんか)」が創刊されたので紹介しよう。発行人兼編集人は大木雪香さんで、発行所は川崎市中原区。季刊。「小熊座」の渡辺誠一郎さんが相談役を、林誠司「海光」代表が顧問役につかれておられる。大木さんの挨拶文には「深花」と名付けた訳が書かれている。「進化」「真価」「深化」に通じる意味を込めてそうしたようだ。「花」の文字を入れたところが良かったと、小生は思った。

 祝辞を寄せた渡辺さんによれば、大木さんは、日本詩歌句協会賞の随筆、短歌、詩、俳句の全部門において、協会賞、優秀賞、奨励賞を貰っておられるし、北斗賞の際も「彼女の感性の良さに驚いた。他の俳人の作品とは明らかに違い、どこか危なっかしい言葉の斡旋が逆に新鮮で、いわゆる古臭い俳句的な匂いからは、免れているところにひかれた」とある。

 林さんの挨拶によれば、大木さんは、「海光」の編集長をも務めておられ、やはり、幅広い器の俳人だ、と認識しておられたようだ。


 メンバーの作品を、創刊(冬)号から各一句ずつを引かせて戴こう。


  寒椿海に光を与へけり       大木雪香

  糸底の手にざらつける霜夜かな   河村仁美

  暁の玻璃に広がる霜の花     児玉みさを

  吊革の手の若くみえ休暇明     松本余一

  焼くほどに幸せ香る茸かな     森田遊馬

  相傘に音なくなりし時雨かな    藤森赤白

  見上げれば梢の震え寒雀      溝口奥良

  病み上り傘に重たしボタン雪    内藤頭白

  ポインセチア聖夜の前のすまし顔  佐藤華咲


 ご発展を期待致しております。

閲覧数:75回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2 Post
bottom of page