検索
  • ht-kurib

奥坂まや句集『うつろふ』




 

 奥坂さんの第四句集である(ふらんす堂、2021年7月16日発行)。氏は昭和61年に「鷹」(藤田湘子主宰)に入会。鷹新人賞、鷹俳句賞、俳人協会新人賞などを受賞しておられる実力俳人である。表紙の「うつろふ」の印字は、大きな平仮名で、斜めに、上部の灰色がかった色調から、下右に行くほど赤みがかった茶色にグラデ―ションが施されている。まさに「うつろひ」感が表出されている。あとがきには「(第三句集)『妣の国』は、俳句の師や先達との別れ、両親の看取りなど、私にとって死者を送る句集でした。(第四句集の)『うつろふ』は、自ら死と向かい合う句集となったと感じています」「〈うつろひゆくもの〉のひとつとして、季語に捧げる句を読み続けたい」とある。


 奥坂さんの自選の句は次の15句。


  炎天や何求(ま)ぎて波つぎつぎに

  ひるがほや死はただ真白な未来

  造り滝みづべらべらと落としをり

  月光に山征きにけり新豆腐

  星なべて自壊のひかりきりぎりす

  本ひらくやうに冬青空仰ぐ

  野に山に枯みなぎりて醇乎たり

  息の根のごとき海鼠を摑み出す

  寒晴や高さ貪るビルの群

  鮟鱇の恵比寿笑ぞ畏ろしき

  春浅し川総身の鱗波

  ひろびろと波打つ布のやうに春

  一山の絶唱の花吹雪かな

  桜散るいつもわれらを置去りに

  春の星この世限りの名を告ぐる


 小生の気に入りの句は次の通りであった。(*)印は自選句と重なったもの。


007 やや老いて写真館出づ罌粟の花

022 夕立にどつと亜細亜が匂ひけり

039 初秋や天与のいろの藍木綿

041 石榴落つ希臘の神の恋おそろし

042 曼殊沙華目をやるたびに殖えてゐる

052 月光に鎖鳴らして象老いぬ

056 鑿入れて樟の香走る冬初

064 虚を摑むごとく置きあり革手套

084 うすらひの端は水とも光とも

120 下山して雀親しや立葵

132 地図の上の真赤な日本原爆忌

144 星なべて自壊のひかりきりぎりす(*)

159 梟に階のしまひを踏みはづす

170 寒晴や高さ貪るビルの群(*)

201 春深し木馬駆くるは地に触れず


 人の命の「うつろひ」を詠んだ心象句が多いが、それらは、実は、写生がベースになっているように見える。自選句の〈ひるがほや死はただ真白な未来〉などはその代表であろう。

 写生の目が効いた作品には、

084 うすらひの端は水とも光とも

がある。薄氷の端の部分が「氷とも水とも光とも」見えるのである。これは視覚上の写生だが、写生は嗅覚にも聴覚にもありえる。両方の感覚が生きている句として、

056 鑿入れて樟の香走る冬初

がある。読者にも鑿の音と樟の香りが漂ってくるはずである。

 感覚的な句としては、

007 やや老いて写真館出づ罌粟の花

022 夕立にどつと亜細亜が匂ひけり

042 曼殊沙華目をやるたびに殖えてゐる

 記念写真を撮った後は、なぜか齢をとったような気分になる。その微妙な感覚を詠んだ。二句目。亜細亜全体が匂うという感受は、埃っぽい土漠地帯を含む大陸を含むアジア全域にイメージを広げることで、大きな詩となった。三句目。曼殊沙華は巾着田を思えば無条件に納得できる。


 自選句と重なった二句を鑑賞しよう。


144 星なべて自壊のひかりきりぎりす(*)

 やや理詰めに響く句であるが、星とて命あるもの。今見える光は実はもう燃え尽きた星の残光なのかも知れない。そのことに、命短い「きりぎりす」を配した。


170 寒晴や高さ貪るビルの群(*)

 飯島晴子の〈寒晴やあはれ舞妓の背の高き〉を思いだすが、ここでは「貪る」という言葉がよく出てきたと感心している。この言葉ひとつで「詩」に仕上がった。


 ありがとう御座いました。

13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示