検索
  • ht-kurib

季刊俳誌「鳥」創刊






 俳誌「星雲」(故鳥井保和主宰)の後継誌として、「鳥」が創刊される。今回はそのカウントダウン0号として、美しい翡翠を表紙に飾った「鳥」0号が出された。代表は小川望光子氏。主宰制は取らず、鳥井の「有季定型」「自然随順」「景情一如」を継承するとのことである。

 祝意を以って、メンバー各位の作品から、一句ずつを抽かせて戴いた。


03 風冴ゆる砲台跡の伝声管       天倉 都

   耕すや土の膨れと陽の膨れ      新井たか志

04 日の温み残る石垣落椿        池田邦子

   耕すや一塊の土にも生命       板敷清光

   春愁や師の添削の朱の文字      伊藤享江

   船頭の艪で割く濠の花筏       井上治宝

05 にぎやかに咲いて静かなシクラメン  内山恭子

   野火走り翼あるもの高く飛ぶ     岡本 敬

   耳成も畝傍も香久も冬日中      小川望光子

   壺に一枝わが死の際も梅が佳し    奥井志津

06 間延びした呼び出しチャイム春うらら 柏原京子

   遠足の女教師ピアスかがやかせ    木下恵三

   咲き満ちて桜さながら大庇      窪田かづ江

   新しき星を加へる冬の空       小林邦子

07 入学子母を目で追ひ整列す      佐藤富子

   噴煙の阿蘇を背に麦を踏む      澤 禎宣

   釣宿に魚拓の増えてうららけし    園部知宏

   可惜夜の寒星粋を極めけり      竹内正與

08 里富士の裾野は浄土桃の園      竹本治男

   春浅し遠流の島に外国船       田島和子

   長閑なる遅れ刻告ぐ古時計      谷本町子

   初虹や橋に北詰南詰         土江祥元

09 花の雲突き抜けてゆく観覧車     中川めぐ美

   青き踏む二足歩行の有難さ      中嶋利夫

   紀ノ川の水滔々と初茜        中嶋美惠子

   花朧木場の名残の舟の道       成瀬千代子

10 喰積や語らず運ぶ一人箸       野田俊枝

   みつ蜂の重さにゆれる花もあり    服部久美

   行く春や隠れ蕾の二つ三つ      林 公子

   あたたかや夫に似し声帰りたり    藤井三枝子

11 若水を汲みて今年の始まりぬ     古谷とく

   のどけしや補聴器に聴く我が吐息   前田汐音

   大文字山に賜はりたる初音      前田長徳

   百歳が八萬人の菊日和        南 壽子

12 鳶の笛澄みて浦曲の初御空      森本潤子

   思惟仏指の妖しさ春日ほの      矢野淑枝

   空家なる隣家の庭も春めきぬ     山田佳郷

   放流の水閃ける稚鮎かな       山中晴美


貴誌「鳥」の円滑なる運営と皆様のご健吟を願っております。

16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示