top of page
検索
  • ht-kurib

小澤 實句集『澤』



 小澤主宰の句集『澤』を読む機会を戴いた。小澤さんについてはここで紹介するまでもないであろう。現在、氏は67歳になられるが、その第四句集で、40代半ばから約10年間の作品を入集した。2023年11月1日、角川文化振興財団発行。


 一読して、好きな句を抽出させて戴いた。下記のように多数に及んだ。


007 湯を捨てて屋台しまひや梅の花

008 面箱におもてやすます春の暮

010 石飲んで鯉石吐きぬ夏深き

011 いま扠(さ)しし鰍かかげて木曾の子は

011 木の家の窓も木の枠きりぎりす

012 刈株の先出でてをる氷かな

014 牛小屋の二階ものおき桃の花

014 買はんかな山桜咲く島ひとつ

017 待つは楽しことに鰻の焼くるまで

018 鰻屋の銜へ団扇や串かへす

022 漁具小屋の屋根にサンダル犬交る

022 咲きのぼり朝顔青し屋根の上

023   羽黒山

    ひとすぢの光りは最上鳥渡る

029 雪嶺まで信号五つすべて青

030 前山の悪相にして春隣

038 溝蕎麦や開けて土蔵の扉(と)の厚き

043 一支線二輛往復さくら咲く

047 笊のトマト四個を並べ一個載せぬ

048 をんなの子同士の相撲すぐ引き分け

049 さはやかに知多と渥美とむかひあふ

050 おしろい花杜国に妻のありやなし

051 かはぞこもかはらも石やあきのかぜ

059   眞鍋呉夫氏

    黒のボルサリーノと杖と朧を来

068 みんみんよりつくつくほふしまさるころ

079 立ち上がらずよ草に這ひ草を引き

085 笊の内かならず笊や笊屋秋

089 冬日差し入り虚子庵やふた間のみ

093 せきれいのうれしくあゆむ氷の上

098 抜きえたる鰆の卵瑕瑾なし

099 こふのとり嘴打ちならす日永かな

100 水入れて薬鑵くもりぬ桃の花

101 薫風や頬杖ついてかんがへず

107 おでん屋の丸き木椅子に帰り来し

113 こしあぶら酢味噌の金(くがね)掛けにけり

116 かはほりの糞ぞ蚊の目のあまた入る

122 からまつ金(くがね)こなら銅(あかがね)散りつつも

131 茄子に水でたらめの唄うたひつつ

140 おほかぜのおほゆれざくら花散らず

141 石と土と木と紙の家さくら咲く

155 客をよろこび靴踏む犬やふきのたう

161 蛍籠寄り来る蛍ありにけり

165 扇風機羽透明や止まりても

170 みちのくのみなとのさくら咲きぬべし

178 墓石をぬぐふタオルや墓参


 力まない自然体の句柄に安らぎを覚える。

 有難う御座いました。


閲覧数:98回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2 Post
bottom of page