検索
  • ht-kurib

山本一歩句集『春の山』



 

 山本一歩(「谺」主宰)さんの第六句集である。2022年8月20日、本阿弥書店発行。山本さんは、角川俳句賞、俳人協会新人賞、横浜俳話会大賞などを受賞しておられる。

 この句集、極めて平易に書かれた句ばかりである。あとがきに「俳句は平明な言葉で、見えるように、美しく」と書かれている。ふと五所平之助や黛執さんを思い出した。一読して、辞書に世話になった語は一つもなかった。だから、楽しくすらすらと読めた。

 平明は平凡とは違う。描かれた俳句の景に、山本さん独自の気づきがあって、「そうだそうだ」と納得させられるのである。


 自選十二句は次の通り。


  風の音さへも若駒楽しきらし

  雨宿りするなら蛍袋の中

  豊年の大きな声の僧侶かな

  さて顔があつたかどうか外套過ぐ

  剪定や鳥に好かれてゐる枝も

  蚊帳の中なる妹がよく喋る

  どこからが花野だつたか花野の中

  父の手を祖父の手を知る火鉢かな

  長閑なり沓脱石の長靴は

  薔薇の香と思ふ真赤な薔薇だといふ

  水鏡してことごとく紅葉なる

  神棚の神の調度の煤払ふ


 私の感銘句は次の通り。(*)印は自選と重なったもの。


010 校門を右へ左へ卒業す

013 蟻穴を出でしと見れば戻りけり

015 ふらここが二つにはたづみが二つ

021 人の手を渡つてゐたる仔猫かな

029 目つむれば滴りの音ひとつならず

030 海の日焼山の日焼と比べ合ふ

031 昼寝してをりたる足の見えてをり

033 夕端居誰かが呼んでくれるまで

035 蟻の列そのしんがりを見たことなし

036 まくなぎを払ふ眼鏡を外しけり

039 何人も子供出てくる草いきれ

039 浮くでもなく沈むでもなく瓜冷ゆる

043 進みたる足で抜けたる踊の輪

047 案山子かと思へば動き出してをり

061 さて顔があつたかどうか外套過ぐ(*)

070 除雪車を通せり雪に踏み入りて

084 野遊びの子ら富士を見ることなし

094 筍と分かる風呂敷包みかな

095 帰りには植田となつてをりにけり

100 起き上がる体の重し籐寝椅子

111 盆の入星を数へてあきらめて

113 待つてをり桃の流れて来るまでを

116 霧の出てをりし牛舎の中までも

119 どこからが花野だつたか花野の中(*)

131 餅搗を終へたる臼と杵に湯気

131 輪飾りやかの古釘を恃みとし

141 聞くとなく聞こえて熊を食ふ話

142 白鳥の鳴かねば静かすぎる村

156 時刻表通りバス来る初ざくら

165 筍を掘るあまりにも造作なく

169 籐椅子に眠るいつかからかは知らず

174 見てをりぬ夜店組み立てらるるまで

178 水遊び一人が泣いて終はりけり

195 大声に返す大声豊の秋

197 らふそくの炎が秋風をとらへたる

201 焚火の炎見てをりどこか上の空


 たしか山本さんは町田市にお住まいだと承知していたが、意外に雪の句が多い。略歴を読むと岩手県ご出身とあった。表題の「春の山」はふるさとの早池峰山とのこと。雪の句は納得である。私も雪を思い出している。


061 さて顔があつたかどうか外套過ぐ(*)

 すれ違った人は、外套を着ていて、そのうえ冬帽子かマフラーかフードで、顔を覆っているのであろう。雪しまく世界の、黒っぽい残像だけの世界である。わずか十七音で、作者の置かれている「場」のディテールまでを想像させてくれるのである。


070 除雪車を通せり雪に踏み入りて

 除雪車がくると、雪道の脇に足を踏み入れて、やり過ごしたものである。当然、履いているのは長靴である。関東に引っ越してからは、ほとんど長靴は必要なくなった。だが、思い出には頻繁に出てくるのである。


 思えば、この句集、ノスタルジーを満載しているように思う。

閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示