検索
  • ht-kurib

工藤 進句集『羽化』



 工藤さんは北海道生まれで、俳句は「沖」で始められ、「河」で新人賞、「河」賞、「河」銀河賞を取られ、無鑑査同人。「くぢら俳句会」の副主宰であられる。『羽化』は第二句集で2022年7月28日発行。跋文は中尾公彦さん。


 自選12句は次の通り。


  朧夜のフレスコ画より櫂の音

  シャンパンの銀河に昇る絹の泡

  喝采のやうに裸木枝をひろぐ

  マリーナの五月の風に帆を張れり

  光年の一過さくらの一花かな

  生も死もこの樹と決めて蝉の羽化

  春はあけぼのくぢらの海の七大陸

  梅雨深し挿して灯の入るルームキー

  墓百基かこむ火の帯曼殊沙華

  窓側の大人いちまい銀河まで

  心ゆくまでこころを詠めと千代の春

  水の譜の楽となりゆく春の川


 以上の通り、氏の豊かな美的センスから生まれた作品が多い。


 小生の共鳴句は次の通り。(*)印は自選と重なった。


008 白墨を走らせ春のメニュー替ふ

012 コッヘルで珈琲沸かす愛鳥日

035 飛び込みの水一枚へ身はナイフ

049 釦みなあそばせてゐる春コート

058 料峭の本に木綿のブックカバー

062 枝豆の青き湯気ごともてなさる

064 今朝の秋生絹で磨く銀食器

096 薔薇芽立つ襟に小鳥のピンバッジ

124 蟬落ちて地の底にある寂光土

136 目薬をさして菜の花蝶と化す

143 風呂吹の旧知のごとき箸の穴

151 寒波来るコーンスープのマグカップ

154 蔵カフェの三和土に春を惜しみけり

167 窓側の大人いちまい銀河まで(*)

186 戦塵も混じりてゐたる霾ぐもり


 多くの佳句の中から、現実感が湧いてくる作品を選ばせて戴いた。ただし、186の「銀河まで」はこの句集にわりに多いメルヘン調の代表として戴いた。


 小生としては、生活感のあるリアルな次のような作品にこころ惹かれている。


008 白墨を走らせ春のメニュー替ふ

062 枝豆の青き湯気ごともてなさる

143 風呂吹の旧知のごとき箸の穴

151 寒波来るコーンスープのマグカップ


 「白墨」「メニュー」「枝豆」「湯気」「風呂吹き」「箸の穴」「コーンスープ」「マグカップ」のような具体的なモノがけっこう雄弁なのである。


 有難う御座いました。

閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示