top of page
検索
  • ht-kurib

拙句集『SMALL ISSUE』に係わるご報告




 皆様から拙句集『SMALL ISSUE』に対するご意見を沢山頂戴いたしました。ここにその結果を纏めさせて戴き、お礼の気持ちを込めてご報告させて戴きます。                            

                                   栗林 浩

 令和4年12月吉日

               記

 

 句集上梓(令和4年6月)以降半年がたちました。お仲間や、総合俳誌、新聞、結社誌のほか、実に多くの方々から、沢山のお便りやご批評を戴きました。お一人が1句選んで下さった場合を、1人句と数えましたら、その総数は、合計2517人句となりました(お一人が5句選んで下さった場合は5人句と勘定しました)。その人句数に応じて20句を並べてみますと、次のようになりました。お目にとめて戴けた作品の頻度の順番といえます。

 句集の帯に揚げました自選句12句と比較しますと、自分の独りよがりの度合いが見えてきました。たいへん有難う御座いました。


人句  作品         (*)印は自選12句

74 わたくしを捜す放送秋の暮(*)  

41 ゲルニカにただ一輪の帰り花

33 今年また柱の増ゆる原爆忌(*)

31 樺忌やガラスの靴の割るる音

29 水が水に優しくなりて水ぬくし

29 着膨れて立売の手に「BIG ISSUE」(*)

28 数へ日の街に熊出て撃たれけり(*)

28 国後見えて国境見えず鳥渡る

27 ががんぼはとまつてはじめてががんぼ(*)

23 そらまめやうねびみみなしうすみどり

23 唖蟬も鳴きたからうに摩文仁丘

23 東京は花なき剣山銀杏散る(*)

22 そののちのマリアを知らずさくら貝

21 障子貼る糊が余つてしまひけり(*)

21 花野出るときの寂しさ捺印は

21 たましひが靴そろへたる花の下

20 梅の香やふだんは天動説である

20 竜飛崎雪は下から降るといふ

20 有馬先生ホットワインが冷めますよ

20 こころにも水渡らせて螢待つ


 ご参考

 上梓後3か月(9月)時点での集計で20選に入っていた句で、今回順位が下がったものは次の2句でした。


19 たましひはしろはなねむのひとよはな

18 犬に服植木に電気クリスマス


 句集に掲げた自選12句で、上記の20位に入らなかった5句は次の通りでした。読者の皆様の鑑識眼と己の眼の差違を教えてくれました。興味が尽きません。


17 野遊びの子らに達磨のよく転ぶ(*)

15 ジプシーの子沢山屋台の青バナナ(*)

13 梅の実の太るはやさの怖ろしき(*)

12 北駅の朝顔青しパリ青し(*)

08 洟垂れのみんな離れてチュ―リップ(*)


 皆様のご批評に厚く感謝致しております。


 また龍太一様は、わざわざ『「句集 SMALL ISSUE」私論』という小冊子を作成し批評を書いて下さいました。ご厚情に深くお礼申し上げます。



閲覧数:94回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


記事: Blog2 Post
bottom of page