top of page
検索
  • ht-kurib

林昭太郎句集『花曇』



 林さんは、俳歴によれば昭和51年に「沖」(能村研三主宰)に入会、その後20年ほど作句を中断されていたようだが、平成16年に復帰された。それ以前も以後も、ずっと「沖」一筋のようだ。その第二句集。2023年2月23日、ふらんす堂発行。


 自選15句は次の通り。


  ふらここの子を空へやる手の加減

  新涼のキリトリ線に鋏の絵

  まばたきは瞬の黙禱冬銀河

  鉛筆を削れば木の香雪催ひ

  つぶやきをかたちにすれば吾亦紅

  水飴の気泡うごかず花曇

  まつすぐな煮干はなくて一茶の忌

  塩壺の塩のつめたき大暑かな

  冬麗のここが真ん中乳母車  

  発掘の土器に番号雲の峯

  二陣来て白鳥の湖うごきだす

  初蝶来ガラスで鎧ふ副都心

  決断の革手袋は噛んで脱ぐ

  背にねむる命の熱し冬銀河

  風花や唇といふ熱きもの


 小生の感銘句は次の通り多数に及んだ。(*)印は自選句と重なったが、4句あった。かなりの高確率であり、好みが近いのかもしれない。


007 ふらここの子を空へやる手の加減(*)

011 楡の木に吊す黒板夏期講座

024 指置けばくもる鍵盤春の雪

026 校庭にオルガン出され風光る

028 花冷やぷすんと抜ける烏賊の腸(わた)

030 鳥籠に鳥のブランコ春深し

035 夏草や引込み線にタールの香

036 捕虫網新幹線の中を行く

043 爆弾のやうなお握り風光る

059 まつすぐな煮干はなくて一茶の忌(*)

061 鯛焼のかたちに湿り紙袋

075 蜂の巣の一部屋増えて厄日来る

084 電子音聞かぬ一日鮎の宿

096 実梅もぐ次なる梅に目をやりつ

106 二陣来て白鳥の湖うごきだす(*)

109 夏帽子小さき夏帽引き連れて

110 炎天を来し黒髪に火の匂

122 菊人形恋する視線かみ合はず

149 搾乳の牛の眸しづか朝曇

156 蕎麦咲いて信濃は月の大き國

158 鉄棒は独りくる場所冬夕焼

169 昨日とは違ふ風着る更衣

172 川幅はもう海のもの大夕焼

175 つぶやきをかたちにすれば吾亦紅(*)

 

 一読して熟達の作品が多く、身の回りのごく普通の景を面白い俳句に仕立てている。読み進んで行って。違和感がない。社会を嘆く作品や病涯詠、べたべたな家族詠もなかったような気がする。だからだろうか、すいすいと読んで行けて、爽やかな読後感が残った。

 有難う御座いました。

閲覧数:138回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2 Post
bottom of page