top of page
検索
  • ht-kurib

河内静魚句集『水の色』




 河内さんは、「馬酔木」「寒雷」「陸」「炎環」などで俳句を修練され、主に「寒雷」で活動されたようだが、平成十六年、「毬」を立ち上げ、これに集中されているようだ。途中、「俳句界」の編集長をも務めれた。その第七句集で、二〇二三年十一月三十日、朝日新聞メディアプロデュース部制作。


 小生の感銘句は次の通り多きに達した。071のところで句のモチーフが一変することを確認戴きたい。


010 近づけば冬木と冬子離れけり

011 ハンドルの遊びのやうな余寒あり

012 支度せぬ小さな旅や犬ふぐり

013 アネモネと口にしてみてなほ好きに

018 晴れてすぐ空が二倍にソーダ水

019 アイスクリーム用なき指の美しき

023 涼しさや細くて長き着物着て

024 一夜二夜箸置ちがふ夏料理

033 竹筆を買へば金沢しぐれけり

038 いつまでも人馴れのせぬ室の花

043 風船のかるさの競ひあつてをり

049 恋の使者スワンボートを押す係

050 少年のころの空欲し夏帽子

053 一枚として重ならぬ青田かな

054 遠くとは日傘の遠くなるところ

059 泳ぎ方ときどき変へてゐる金魚

060 滝といふ水音のすることばかな

065 爽やかや銀座は通りごとの風

069 人だけが鏡を愛し秋の風

071  長女あゆ子緊急入院

    言葉では言へぬかなしさ木の葉降る

077 哭きしあと白鳥の首重からむ

078 消灯の後の子おもふ雪催

081 かなしみは硝子の硬さ寒の水

082 春の土踏んで病む子に会ひにゆく

083 病める子の欠伸にほつとしたる春

085 春の雪眺めてゐたり病める子と

085  新型コロナウイルス禍により病院の面談禁止

    春暁の朱色の中か病める子は

086  特別に許され面談

    生きることまた輝かす囀は

088 春さびし水はコップのかたちして

090  あゆ子逝く

    一落花風をつかまへ舞ひ上がる

091 おとうさんと肩に子の声春落葉

094 ああと思ひああと黙する春の中

096 白玉や亡き子と同じ町に住み

100 川霧をのがれし水の流れくる

119 思ひ出す亡き子の仕草鳳仙花

121 海の色なんどもかはる秋の旅

122 草原に出かけて見たくなる檸檬

125 シーソーは一人でできぬ冬あたたか

136 まづ笑ふ春の最初の日曜日

141 なんとなく手足の長き春うれひ

142 子の恋しお玉杓子は尾を振つて

144 雨音のなくて降る雨二輪草

154 夜顔の香のなか酒の深くなる

161 一枚もなしありふれし落葉など

179 蝶翔ちぬ人に小さく愕いて

197 きれいな夏二人でケーキ楽しめば


 河内さんは、

071  長女あゆ子緊急入院

    言葉では言へぬかなしさ木の葉降る

の句までは、日常の花鳥を詠む日が続いた。そして娘さんを急に亡くされた。その悲しみが、

142 子の恋しお玉杓子は尾を振つて

の句まで続いた。この間の作品を読みながら、小生の目がしらは潤み続けた。いつ元気を取り戻した句に出会えるのかと、そればかりを気にして読み続けた。最後の句、

197 きれいな夏二人でケーキ楽しめば

で、ようやく悲しみが薄らいだのであろうか? そうではないかも知れないが、そう思いたい。子を持つ親にとっては、重い句集でした。


 天上での、あゆ子さんの安らかを願っております。

閲覧数:114回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2 Post
bottom of page