検索
  • ht-kurib

結社「海鳥」の合同句集―第七十号記念





 まず「海鳥」の川辺幸一代表の急逝を心からお悔やみ申し上げます。コロナ禍が小康状態となったため、新百合ヶ丘で俳句の行事が催されました。そこで川辺さんにお会いできると楽しみしていたのですが、多分その日に亡くなられたのだろうか、お会いできなかった。

 このアンソロジーは、そんな訳で、急遽、麻生明(元横浜俳話会会長)さんがまとめ役となられた。直近七年半のメンバー54名の作品を、同人は37句、会員は17句に絞って収めてある。


 一読し、小生の好きな句を、勝手ながら、お一人一句ずつ選ばせて戴いた。ただし、川辺さんからは2句戴いた。その一句が〈この先は知らずにおこうほととぎす〉であった。これが辞世の句になろうとは、氏はもちろん、誰も気づかなかったであろう。


002 寒凪や向きを揃える海の鳥      川辺 幸一

    この先は知らずにおこうほととぎす

009 みな違うところ見ている寒さかな   麻生  明

010 空おおうわが生涯の大桜       川島由美子

016 名月を時差ある国へ送信す      麻生ミドリ

019 すれ違う鎖骨眩しき薄暑かな     江原 玲子

022 道なりと言われて遠き残暑かな    大屋敷有司

027 山裾の乗換駅の鯉のぼり       金井 純子

031 何事もなかったように花のあと    釜田 二美

037 生き方を変えぬ男の冬帽子      川辺 佳子

041 向かい風味方につける鯉幟      吉柳 初美

042 旧道を通らぬ聖火花大根       小山 健介

048 頸のない石の仏や女郎花       小山みき子

050 老桜の標本木という誇り       阪口 夢堂

054 水仙の香りて風となる予感      坂本 牧子

058 老人を少し休んで野に遊ぶ      櫻井 了子

062 青き踏む地球の軽い跳ね返り     佐藤 早苗

069 暖房車眠くなるころ下りる駅     佐藤 廣枝

072 国境の争いなくて鶴来たる      柴田 政文

075 蟻一匹踏まず善根積んでおく     正藤 清鳳

080 コスモスに風の終りのなかりけり   曽我部東子

084 春愁や止まったままの観覧車     竹島  睦

088 父と子の手打ちの蕎麦や大晦日    中村 誓子

091 踏切にみかんの花の香と止まる    西村 玲子

096 インパールの戻れぬ父の鉄兜     速水 禧子

100 秋の野や風のうしろの風の音     原田 敦子

103 いい顔が集まってくる白あじさい   菱沼多美子

106 大寒や母は静かに縮みゆく      廣津 徳平

113 ドアフォンのレンズにお辞儀して小春 古田  享

115 担ぎ手に黒い肌あり秋祭       松島めぐみ

118 手に触れたものから春になっていく  松田 圭子

122 トンネルを出れば堂々雪の富士    三浦絵衣子

126 大晦日オペラハウスの大花火     安田 淳子

130 春の旅折鶴と置く枕銭        安田 寛子

136 兵馬俑の兵に持たせよ曼殊沙華    山本 国慶

138 青竹の寝覚めのあとの高さかな    青木 篤子

140 目覚めずに溶けてゆきたし春の昼   井浦 宜子

143 青紙に召されし愛馬敗戦忌      飯野 啓子

144 春風に欠伸している埴輪かな     池田 拓也

146 花の窓喜寿と卒寿とロゼワイン    石川 詔子

149 大小の弁当箱に今年米        石間まりや

150 白日傘わざと日向を選んだり     大久保 文

152 打水を踏みて言問団子かな      太田 優子

155 初夏やトランペットを吹く少女    重松 秀俊

157 夏草や時間の止まる校舎跡      舌間  翠

158 春めくや鉛筆削る音軽し       長縄 興子

161 火の鳥の卵と思うからすうり     升水恵美子

163 どうしてもわたしは残る芋など煮て  長久保通繪

 有難う御座いました。

閲覧数:117回0件のコメント

最新記事

すべて表示