検索
  • ht-kurib

遠藤風琴句集『春が来て』




026 風光る母校に山路めくところ

038 島どこも教会のあり鐘澄めり

046 湯気立てる人形焼や町小春

056 猫が好き俳句大好き風生忌

065 牡丹の今にも解けてしまひさう

067 紫陽花のだらだら坂や海展け

078 編笠の紅紐艶に風の盆

083 面取れば皆老いてゐし里神楽

090 伊達衿の色むらさきに初詣

111 教会の小さきオルガン火恋し

136 梅雨兆す紅殻壁の裏通り

138 リヤドロの少女ほつそりアイスティー

146 戸を少し開け秋風をみ仏に

163 誰とでもいつも仲良しチューリップ

164 鎌倉に抜け道多し白椿

165 太刀持ちの子役むずむず蝶の昼

166 横綱のごとき筍届きけり

185 咳するや節々痛み子規思ふ

186 東京は眠らざる街冬の月


 ある句会で遠藤さんに会って、しっかりした句を作る方だと感じ入っていた。富安風生の娘さんだと知り、さもありなんと思った。私の作る句柄とは大違いで、如何にも俳句の本道を来た方の句であり、花鳥諷詠を地で行く人である。

 遠藤さんは平成13年から「若葉」「岬」に投句を始め、「栃の芽」「雛」にもかかわっておられる。父富安風生に関する著作が多い。

 序文は「若葉」の鈴木貞雄主宰。令和4年7月16日、東京四季出版発行。なお、「若葉」は風生が昭和3年に創刊し、昨年6月1100号を迎えている。


 多くの海外詠や国内各地への旅吟がある。それらに、遠藤さんの生活の充実ぶりと豊かさが表れており、苦難や病涯句がほとんどない。俳句は美しく平明に楽しく詠むべきものであるという意思が分かる。その点、185,186は、私に特徴的に響いた。


 安心して読める句集でした。多謝です。

閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示