top of page
検索
  • ht-kurib

金子敦句集



 ふらんす堂の「現代俳句文庫88」、2023年4月21日、発行。氏は「俳壇賞」の受賞者で、「出航」(森岡正作主宰)の同人。解説は杉山久子氏と仲寒蝉氏。帯には〈白猫のまばたきのごと梅ひらく〉が抜かれている。収録句集は、『猫』『砂糖壺』『冬夕焼』『乗船券』『音符』そして第六句集『シーグラス』である。


 小生が気に入った句を拾っていこう。


『猫』1996年

005 改札抜け君が小さくなる朧

005 蟬食ひし猫の静かにまなこ閉づ

007 朧夜の反古の山より墨匂ふ

007 明日逢ふ噴水のまへ通りけり

008 席詰めてポインセチアに頬触るる

009 コピーまだ終はらず虹の薄れゆく

009 席ひとつ隔て蜜柑を投げ渡す


『砂糖壺』2004年

013 落花浴ぶ明日ふらんすへ行く人と

016 戻り来し猫の足拭く十三夜

016 雛の間につながつてゐる糸電話

017 割り算の余りとなりしさくらんぼ

017 捕虫網にきれいな小石入れて来し

018 夕立あと猫呼んでゐる母のこゑ

018 しやぼん玉割れし破片のなかりけり

018 端居して付録のごとくゐたりけり

020 数へ日や吹いて乾かす塗り薬

024 初雪を今てのひらに載せた筈 


『冬夕焼』2008年

025 花吹雪浴びながら行く神経科

027 聖樹よりこぼれ落ちたる脱脂綿

028 朧夜のぽこんと鳴りし流し台

031 豆飯や父がぽつりと母のこと


『乗船券』2012年

037 花束のセロハンの音雪催

042 太巻の端のよれよれ子どもの日

042 木の匙に少し手強き氷菓かな

043 それはもう大きな栗のモンブラン

044 指人形解き手袋に戻りけり


『音符』

046 うぐひすや半紙の帯の濃紫

047 凭れたる壁がぺこんと海の家

047 色白の子が日焼子に言ひ返す

050 春昼や時計の中へ戻る鳩

053 人日やバックしますと言ふ車

056 お釣りでしゆと言はれ落葉を渡さるる

060 順番を待つ子のあくび運動会

060 半分に割り焼藷の湯気ふたつ

062 可愛いと言はれ可愛くなる子猫

063 独り占めか一人ぽつちか大花野


『シーグラス』2021年

065 抱き上げて子猫こんなに軽いとは

065 聖火のごとソフトクリーム掲げ来る

066 ゆく夏の光り閉ぢ込めシーグラス

067 先をゆく猫振り返る月の道

068 ストーブにかざす十指を開ききる

068 上座へと運ぶ座椅子や福寿草

070 入口の砂地凹んで海の家

073 馬小屋の藁は本物聖夜劇

076 黄落やパン屋に焼きたて時刻表

077 おはじきに微かな編み目春隣

080 おくるみの中の赤子のやうに桃

082 リヤカーに載せて盆梅みな傾ぐ

084 行く秋の古書店街の匂ひかな


 平明な句ばかりなので解説は要らないであろう。日常の気づきが面白い俳句に昇華されている。句集全体が、第一句集から第六まで、上等で均質な出来栄えである。実にうまいなあと思いながら、金子さんはこれからも一生このような句柄の作品を読み続けるのだろうかとふと思った。それも良いし、句柄に深刻さや屈折や軋みを加えるのも良いであろう。でも、多分そうはならないであろう。氏の感覚が捉える対象に、いつもやさしさとユーモアがあるからである。

 とにかく楽しみな作家であり、全句集を楽しく読ませて戴いた。

 有難う御座いました。



閲覧数:123回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


記事: Blog2 Post
bottom of page