top of page
検索
  • ht-kurib

鈴木しげを句集『普段』




 著者鈴木しげを氏は、昭和三十九年に「鶴」に入会、爾来、石田波郷・石塚友二・星野麥丘人に師事。平成二十五年に「鶴」主宰を継承した。その第六句集で、二〇二四年五月二十一日、ふらんす堂発行。


 自選十五句は次の通り。


  初山のこゑのひよどり矢継早

  芹の香や日々のあかしの友二の句

  旅にして青葉の雨やブックカフェ

  手の窪にのせて糸底涼新た

  一茶忌の草鞋日和と言ひつべし

  筆に腰さうめんに腰秋はじめ

  柿むいて柿の日などもありてよし

  日脚伸ぶ駅の広場にケーナの音

  田螺鳴く利息が二円付いてをり

  一の字に反りて鰰焼かれけり

  武蔵野のすつ飛び雲や唐辛子

  膝打つてさて策もなし秋扇

  夫婦して訪ふ泉あり風鶴忌

  七十も終りの九の初景色

  観音の湖北へこころ草の花


 一読して、平明で、熟達で、いぶし銀のようでありながら、ユーモラスな作品が多い句集である、と感心した。著名な先師たちを慕う句も多い。境涯的ではなく、概して明るい。小生の好きな句を掲げよう。多きに及んだ。


009 三畳のわれの城あり雛の家

012 シャツの袖折れば五月の来りけり

014 山清水庵結んでみたかりき

024  全国鍛錬会 青森

    小鳥来るあすはひのきとなる木かな

026 とんぶりや「ぼるが」はいまも酒場にて

036 千早振るかるた取られてしまひけり

037 葡萄榾くべては星を語りけり

038 ティファニーの箱の中より花の種

046 乗鞍の風の冷たき花野かな

051 只管は歩くことなり柿の秋

063 班雪村山猫軒のあるやうな

066 花眼なりまして涅槃図冥ければ

071 やや暑しやや忙しくしてをりぬ

072 風吹いてかるの子の列たわみけり

076 物を書くうしろがひろし秋の昼

076 跳ねてゐる蝗の袋持たさるる

077 柚餅子など焙りて聴かむ山の音

090 松過やみづのあふみのすずめ焼

097 緑さす封書の緘の麥の文字

099  肥薩嘉例川駅にて

    竹皮の駅弁うれし山若葉

111 柿むいて柿の日などもありてよし(*)

120 日脚伸ぶ駅の広場にケーナの音(*)

132 糧うどん打つてをりけり柿若葉

156 さつきとは違ふ子猫のあらはれし

163 いつも未完の澁谷の街の秋暑かな

182 春眠の足りて何処ゆくあてもなし

183 ともかくも机に膝や目借時

197 新米の袋立てある框かな

209 道ふさぎ来る猪打の五六人

214 水草生ふ歩かねば句も授からず

215 つばくらめ今は名のみの潮見坂

223 珈琲にざらめ一匙終戦日

230 扇置くやうに小三治逝きしかな


 特に気を惹かれた二句を挙げてみよう。


038 ティファニーの箱の中より花の種

 ティファニーのあの薄青い小函。なにか記念のものが入っていたに違いない。何だったのだろか? 読者は勝手に想像する。いまはその小函が種入れになっている。何の花の種だろうか? これも読者の想像に委ねられている。情緒の勝った句と言えようか。


066 花眼なりまして涅槃図冥ければ

 先の洋ものに対しこれは和もの。作者はこのところ老眼になってきたらしい。薄暗いところでは難渋する。涅槃図も、それ自体が薄暗い絵である上に、薄暗いところに掛けてある。それに対し「花眼」という、字面からは明るい感じの言葉が効果を発しているように思う。理知の勝った句といえようか。


 楽しい句集を有難う御座いました。

閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2 Post
bottom of page