検索
  • ht-kurib

鴎座創刊二十周年 鴎座合同句集3「絆」



 

 鴎座の主宰松田ひろむさんからアンソロジーを戴いた。創刊二十周年の事業として、記念祝賀会を考えたが、新型コロナのせいで、中止せざるを得なかった。そのかわり、合同句集を発行することとして、その名を『絆』とされたようだ。2022年8月1日、鴎座俳句会発行。

 僭越ながら、各人20句の中から一句ずつを戴かせてもらい、お礼に替えさせて戴きます。失礼の段、どうぞご寛恕下さい。


009 トリアージ草蜉蝣は透くばかり     松田ひろむ

011 冬瓜の中の山河を煮てをりぬ      荒井  類

013 ロシア機の音に聞こゆる春の雷     有馬 歌子

015 秋晴や掴まり立ちの父一歩       安藤 利亮

017 目の癒えて月夜の海へ行くところ    池永 英子

019 追い越せぬ回転木馬天高し       石口  榮

021 雲の峰第三志望まで絵馬に       石口りんご

023 湯を注ぎ三分まてば文化の日      石黒 宏志

024 綿虫の遊ぶ墓前はあたたかく      磯部 薫子

027 失言はあらかた本音鶏頭花       岩崎 昌代

029 打ち水や風の匂いのふと変る      岩淵 純子

030 名を呼ばれ大根蒔く手休めけり     大島有加里

033 刀折れ矢尽きる如し枯蓮        大山 賢太

034 初蝶は阿修羅に会いにゆく途中     岡崎 久子

036 青春は額あじさいの青と白       金丸 菜斗

039 梅雨晴間ひとさし指で弾くピアノ    川崎 果連

041 ふらここやノートルダムは見えますか  菊池 志乃

043 青空に吸われ無音の敗戦日       岸 満理子

045 言問と聞けば木歩や川に夏       國井  梢

046 ボージョレヌーボー明日みなとの見える丘 倉本  岬

048 天空の城へ行く日も胡瓜もむ      呉羽 陽子

050 白マスク選べぬ日々の冬重い      黒沢 伸子

052 春塵や戦車の前に立つ市民       高矢 未來

055 乳首かゆしこぶしの花は天上に     髙良 和子

056 朝桜押したつもりのないボタン     小髙 沙羅

059 初日影ここは言霊幸う地        後藤よしみ

061 鎖骨から少女の脱皮夏休み       小林 則子

063 退屈は平和の証独活を食む       小林  謡

064 無信心葱のきらきら見ていれば     小林  湖

066 握力の強き右の手春を待つ       近藤  琴

069 鶯餅ちょっと背中を押してやる     齋藤  藍

070 足るを知る海苔と玉子とビバルディ   椎谷 もも

073 川沿いは裏窓ばかり蓼の花       白石みずき

074 ハニートラップ夏蝶の調査中      杉浦 一枝

076 漁火や宿の浴衣を短か目に       関 千惠子

078 新緑や柄のマスクの六地蔵       高橋 透水

081 丹沢に私雨や蕗の薹          田中  舞

083 丈短か考の残せし白絣         田中 隆一

084 アニョハセヨ鶯餅ははずせない     田辺  花

086 故里はあん餅雑煮二つずつ       中條 千枝

089 秋の声俄かに耳が良くなって      辻田ちか子

090 夏草や大差の負けも互角といふ     津田 文江

093 地虫鳴く街のどこかに秘密基地     百目鬼英明

095 左利きの右も自在や葱刻む       中村 ふみ

097 大空や二年延期の運動会        中山えみ子

098 秋深し業平塚を右回り         並木とき江

100 しゃぼん玉はじけて赤ちゃんのにおい  西谷とし子

103 聞きとれぬ音域あって合歓の花     信岡さすけ

105 小三治の使う櫓さばき秋扇       橋本寿江子

106 花冷や人さし指は撃つかたち      長谷川

109 引き返すためにある橋春の雪      東谷 晴男

110 みなとゐてひとりと思ふ野分かな    日野 百草

113 木組みの家前を通れば木の香り     福島 芳子

114 初日の出部屋の奥まで光差す      古川 和美

117 そして八月幾万のパイプ椅子      古川 塔子

119 学校へ行けぬ子とゐる室の花      牧野 桂一

120 本籍はとうに東京お元日        増田 萌子

122 「アレックス電気灯けて」と蜜柑剥く  亦勝  文

125 お互ひの独り言聞く日向ぼこ      松本 旬子

126 広告のピザは半額海老飾る       宮  沢子

128 交番に刺股鎮座燕の巣         安原南海子

130 母の忌の冬満月の赤さかな       行成佳代子

132 のどけしや釣り竿二本網一つ      行成 知子

134 園児らの帽子ももいろ春北風      横山 妙子

137 原爆忌いたるところにコンセント    吉村 きら

139 草青むアラビアータとブラックと    渡邊すみれ


 全部で1300句ほどであったろうか。興味ある作品が多く、選ぶのに苦労致しました。

 「鷗座」の皆様のご健吟を期待いたしております。








閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示