ブログについて

私は長年、送られて来る句集や俳論を、俳句愛好家の皆様にご紹介するために、ブログを開設しておりましたが、今回、都合によりブログをあたらしくする必要が生じました。数多くの方にご覧いただけるブログとなるよう、努力いたします。